相続財産の調査は多種多様です

被相続人の財産を引き継ぐ相続人が確定しても、その引き継ぐ相続財産が何であるかが分からなければ、その後の相続手続きをすすめることができません。

被相続人の預貯金については、どの金融機関の口座にいくら預金されているのかを
正確に把握する必要があります。
“相続財産の調査は多種多様です”の詳細は »

我が家の土地の価格を知りたい

相続の際の土地の価額の基準となるもの、それは『路線価』です

相続税の計算をするときには、土地の評価額を算出しなくてはなりません。
お客様から、
「うちの土地っていくらくらいなんでしょう。インターネットや不動産業者の話だと、
 2000万円で売れるらしいのですが」
というようなご質問をよく受けます。

“我が家の土地の価格を知りたい”の詳細は »

相続手続きと遺贈の放棄の関係性です

民法では、遺言者の死亡後なら、受けるものがいつでも遺贈の放棄をすることができると定めています

第九百八十六条   【 遺贈の放棄 】
第一項 受遺者は、遺言者の死亡後、何時でも、遺贈の放棄をすることができる。
第二項 遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼつてその効力を生ずる。
“相続手続きと遺贈の放棄の関係性です”の詳細は »

相続における非嫡出子の立場のこと

相続手続きで非嫡出子とは・・・ 婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを 非摘出子と言います。

非嫡出子とは・・・
婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを非摘出子と言います。
“相続における非嫡出子の立場のこと”の詳細は »

あまり知られていないのが相続の特別受益制度

特別受益は相続人が亡くなった人から多額の資金援助を 受けた場合にはその金額を特別受益とする、という制度です。

特別受益は相続人が亡くなった人から多額の資金援助を
受けた場合にはその金額を特別受益とする、という制度です。
“あまり知られていないのが相続の特別受益制度”の詳細は »

得するために相続税の計算方法がある

相続で取得する財産の合計額-(非課税財産+債務額)+相続開始前3年以内の生前贈与の課税価額

相続価額の合計額相続で取得する財産の合計額-(非課税財産+債務額)+相続開始前3年以内の生前贈与の課税価額

“得するために相続税の計算方法がある”の詳細は »

相続と遺贈って似ているけれど違います

子が18歳に達した時にはYが当該財産を受け継ぐこととする」といった、順次財産を受け継ぐ者を指定する形の遺贈を、後継ぎ遺贈といいます。

遺言で相続人以外の第三者に相続財産の一部または全部を贈与することです。
遺贈を受ける人を受遺者と言います。
第964条
遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる。
“相続と遺贈って似ているけれど違います”の詳細は »

相続で基礎控除を利用すると税金が下がる

現金や借入金で住宅を購入すると土地の相続税評価額が通j表の取引価格よりも6-8割に抑えられる。

基礎控除を利用する

1年間に贈与を受けた金額の合計が110万以下
である場合は贈与税は課税されない。
“相続で基礎控除を利用すると税金が下がる”の詳細は »

相続と配偶者の税軽減の決まりごと

申告期限までに分割されなかった財産について申告期限から3年以内に分割したときは、税額軽減の対象になります。

(注) この特例の対象となる財産には、仮装又は隠ぺいされていた
財産は含まれません。

(1) 1億6千万円
“相続と配偶者の税軽減の決まりごと”の詳細は »

相続した財産とそれの評価の方法

相続財産の評価は一般的な相場と実際の評価では異なった額になることもあります

■土地の上に存する権利
1)耕作権・・農地の自用地として価額×(1-耕作権割合)
2)永小作権・・農地の自用地として価額×(1-残存期間に応じる割合)
*定めがない場合は40%
3)地上権・・自用地の評価額×権利の残存期間に応じた割合
4)借地権・・(原則)自用地としての価額×借地権割合
“相続した財産とそれの評価の方法”の詳細は »

« 過去の記事